Knowledge of the enzyme

Japanese version only

酵素は、あらゆる生命活動を調節するもので、生命維持に欠かせない重要な役割を担っています。

体内で一生に作られる酵素(潜在酵素)の量は限りがあるとされている研究もあり、酵素を食物酵素から摂ることで、体内で作られる酵素が不必要に消費されず、免疫や自然治癒力に働きかけて、抗老化作用や体内にある毒素の解毒作用を促進して、健康・美容にも影響すると考えられています。

酵素には以下のような種類があります。

代謝酵素(体内で作られる酵素)

・吸収された栄養は、体の中の細胞をつくる。
・毒素を尿・汗のなかに排出したり、有害物質を除去する。
・免疫力、自然治癒力を高める。

消化酵素(体内で作られる酵素)

主に腸内で食べた食品を消化して、必要な栄養素を吸収する。

・唾液アミラーゼ →でん粉を分解する。
・胃液のプロテアーゼ →たんぱく質を分解。
・膵液のリパーゼ →脂肪を分解。

食物酵素(食品からとる酵素)

食べた食品を消化する。
食物酵素を摂る事により体内の消化酵素の節約になるとの研究がある。

・生の食べ物(野菜・果物・肉・魚)
・醗酵食品(醤油・味噌・納豆・ぬか漬け)
・健康食品(野菜・海藻を醗酵させた酵素など)

Print Friendly, PDF & Email